静岡文化芸術大学で発行した以下の報告書を、静岡文化芸術大学学術リポジトリからダウンロードできます。



報告書タイトル

研究プロジェクト名

編集/
研究代表

発行年月

表紙

【New】
ポルトガル語での討論会Ⅳ-日本の大学に進学したブラジル人たちの経験から学ぼう-
(第6回多文化子ども教育フォーラム)

2013年度 静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター長特別研究費
「多文化環境に生きる子どもの教育達成支援策をめぐる研究」(代表:池上重弘)

池上重弘
上田ナンシー直美

2014年3月

【New】
文化をつなぐ橋づくり-学生による実践の試み-
(SUAC多文化プロジェクト シンポジウム)

2013年度 静岡文化芸術大学 イベント・シンポジウム開催費
「お芝居出前プロジェクト寄せ書き展示」(代表:池上重弘)
及び
「はままつ多文化共生MONTH事業」

池上重弘(編)

2014年2月

【New】
ブラジルの日本語メディアから見た日系人社会
(SUAC多文化プロジェクト 特別講演会)

2013年度 静岡文化芸術大学 イベント・シンポジウム開催費
「お芝居出前プロジェクト寄せ書き展示」(代表:池上重弘)
及び
「はままつ多文化共生MONTH事業」

池上重弘(編)

2014年2月


外国人市民の社会参加と多文化共生のまちづくり

2010年度 静岡文化芸術大学 創立10周年記念事業
静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科長特別研究
「外国人市民の社会参加と多文化共生のまちづくり」(研究代表:池上重弘)

池上重弘(編)

2011年3月

【New】
ポルトガル語での討論会Ⅲ-在日ブラジル人家族の状態と心の健康 報告書

静岡文化芸術大学大学院
文化政策研究科長特別研究
「外国人市民の社会参加に向けて多文化共生のまちづくり2」(研究代表者:池上重弘)

イシカワ エウニセ アケミ
池上重弘

2011年1月


経済状況の変化とこころの健康に関するアンケート調査報告書

2010年度 浜松市における外国人市民のメンタルヘルス実態調査(研究担当者:池上重弘)



*浜松市HP上の浜松市精神保健福祉センターのページにある調査概要

経済状況の変化とこころの健康に関するアンケート調査
(浜松市における外国人市民のメンタルヘルス実態調査)

報告書タイトルをクリックすると浜松市のHPから、概要版(日本語版、日本語ルビ付版、ポルトガル語版)のPDFファイルをダウンロードできます

*関連する新聞記事
1 「心のケア 母国語で 浜松市が相談窓口」(2010年7月6日 静岡新聞)80MB
2 「ブラジル人の心のケア 各集住地に相談窓口を」(2010年9月3日 静岡新聞 112MB)
3 「ブラジル人の心の健康調査 3割が抑うつ傾向」(2010年9月18日 静岡新聞)124MB
4 「ブラジル人も抑うつ傾向 日本人並みの3割」(2010年9月18日 中日新聞 168MB)
5 「浜松在住ブラジル人3割に抑うつ傾向」(2010年9月25日 朝日新聞 104MB)

浜松市精神保健福祉センター

2010年9月

【New】
ポルトガル語での討論会Ⅱ-経済危機下で私たちブラジル人は日本でいかに生きるか 報告書

静岡文化芸術大学大学院
文化政策研究科長特別研究
「外国人市民の社会参加に向けて多文化共生のまちづくり」(研究代表者:池上重弘)

イシカワ エウニセ アケミ
池上重弘

2010年3月


静岡県外国人労働実態調査の詳細分析報告書

2008年度 静岡文化芸術大学大学院 文化政策研究科長特別研究
「静岡県における多文化共生の実証的研究」(研究代表:山本幸司)

池上重弘、イシカワ エウニセ アケミ(編)

2009年3月

ブラジル人大学生と高校生との座談会-移民パネル写真展の関連イベントとして-

2008年度 静岡文化芸術大学学長特別研究「日本の中のブラジル、ブラジルの中の日本-写真で見る100年、過去から未来へ-」(研究代表:池上重弘)

鏡田綾乃・池上重弘(編)

2009年3月

【New】
ポルトガル語でのディベート-浜松市におけるブラジル人の生活 報告書

大学ネットワーク静岡
静岡文化芸術大学
静岡県

イシカワ エウニセ アケミ
池上重弘

2009年3月


外国人市民と地域社会への参加-2006年浜松市外国人調査の詳細分析-

2007年度 静岡文化芸術大学文化政策学部特別研究
「多文化共生社会の実現に向けた静岡県西部からの情報発信」(研究代表:池上重弘)

池上重弘(編)

2008年3月