what
we do

社会を見据え、新たなデザインを探究する

いまデザインは、深く社会にかかわり、美しい問題解決が期待されています。
人間や社会、地球環境に対する深い造詣とモノづくりへの情熱をベースに、
これからのデザインプロフェッショナルに必要な専門知識と応用能力を高め、

社会の要請に応える人材を養成していきます。

We work within a framework of 3 main themes

  • Product
  • Media
  • Architecture
  
1.特論領域
各デザイン領域に対応した少人数の専門科目により構成されます。学生は、各特論科目の履修を通じ、高度な専門知識の習得を図ります。学際的アプローチ能力が高められるよう専門領域を横断しての科目履修を基本とします。
2.演習領域
特論演習と学外実習により構成され、特論領域の内容を深化・発展させるとともに、実践的な能力を身につけます。特論演習は各特論科目に対応して開講され、 学生は、各自の研究計画に沿って科目を絞り込み履修を進めます。
3.特別研究
指導教員の指導のもと、大学院在学期間を通して研究活動を推進し、その成果を修士論文としてとりまとめ2年次末に提出します。デザイン研究科では修士論文に代えて修了制作(作品制作など)を提出することもできます。

MEET THE
CREATIVES 1

prof_isomura
磯村 克郎 教授:
専門はパブリックデザイン、インダストリアルデザイン。 株式会社GKインダストリアルデザイン研究所等に所属し、 製品、店舗、サイン計画、博覧会の展示ディスプレイ、 公共空間等、広範な領域のデザインを手がける。日本サ インデザイン協会のSDA大賞等、受賞多数。

磯村: 江畑君は、学部時代に静岡文化芸術大学の生産造形学科を卒業して、その後大学院に進みましたね。まずこの大学院を選んだ理由から話してください。
江畑: 学部4年生のとき、卒業制作を進めるにあたり、磯村先生には参考図書を貸していただいたり、アドバイスをいただいたりして、大変お世話になりました。 磯村先生は、生産造形の分野だけでなく、空間的な分野にも詳しく、パブリックデザイン等のお仕事も手がけられていました。 またモノ作りに留まらない、コト作りの視点をお持ちで、私もそのような考え方に大変興味を持っていたので、大学院でさらにそういった分野についてさらに学びたいと思ったことが理由です。
磯村: 江畑君は、卒業制作として、非常にユニークな椅子の製作を手がけていましたが、この椅子を実現するには、ある種の建築の構造を応用する必要がありました。 当時江畑君は僕のゼミの所属ではなかったけど、たまたま僕自身が以前デザインした案件で同様の構造を応用した経験があったので相談に乗るように

なったのが指導を始めるきっかけでしたね。この製作では、構造デザインがご専門の海野教授にも、解析作業でお世話になりましたね。 さて、次に大学院に入ってからの活動について話してください。
江畑:進学してから最初のうちは研究テーマに迷い、いろいろなことをつまみ食いして試しているような状態でした。 でも、磯村ゼミでの活動を通して、だんだん自分がやるべきことが見えてきました。 磯村先生は、産学協同のお仕事等、外部との関わりを常にお持ちで、私も多くの機会をいただき、リアルな物づくりの体験を積むことができたことは大変ありがたいことだと思います。
磯村:江畑君は、授業よりも、むしろそういった課外活動で活き活きとしていたね。 プロダクトデザインを学ぶ一方で人のつながりのデザインにも強い興味を持っていた江畑君にとっては、地域に開かれ、地域と密着したこの大学の環境はまさにぴったりだったのでしょう。 そういう性格と判っていたので、僕も外部からプロジェクトの話が来たときは、

ebata
江畑 潤さん:
1987年生まれ。静岡県清水市出身。静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科を2012年に修了。 2012年、株式会社電通入社。第5CRプランニング局に所属し、コピーライター、CMプランナーとして勤務している。

MEET THE
CREATIVES 2

prof_furuta
古田 祐司 教授:
専門領域はCG映像制作。太陽企画㈱等に所属し、CM等数多くの映像を手掛ける。 マルチメディアグランプリMMCAアーティスト賞(1999年)受賞。 SIGGRAPH Electronic Theater入選(1993年)等、国際的にも評価されている。

古田:まずは、清水君が静岡文化芸術大学の大学院に進学しようと思った動機について教えてください。
清水:もともと大学院は自分の中で選択肢になかったんですが、仲良くしていた他学科の先輩から、大学院の面白さを聞いたことがきっかけになりました。 4年間の大学生活を通して、なんとなく自分の極めたいものが見えてきた時期でもあったので、それをやってみたいと思いました。
古田:清水君は、学部時代に私のゼミの卒制で、公共広告キャンペーンを制作しましたね。 君の作品を見ていると、学部時代の広告系から、大学院の映像系と媒体は変化しているけれど、一貫して「人を喜ばせたい」という目標を持って制作していることがわかります。
清水:そうですね。グラフィックであれ、映像であれ、コミュニケーションの目的を達成するための手段として捉えて、その可能性を引き出すことに面白みを感じています。 特に私が興味を持ったのは「喜び」や「笑い」を与えるコンテンツの制作でした。受け手の反応が、

作り手の側にもっともダイレクトに返ってくるのが「喜び」や「笑い」だと思っています。 学部時代に学園祭で学科の友人とお笑いライブをやって大きな手ごたえを得た経験があるのですが、そのときに自分のクリエイターとしての方向性を実感しました。
古田:大学院に実際に進学してみて、どうだった? 最初の頃の君の活動はすいぶん迷走していたけど、最終的には制作に集中できるようになっていたね。
清水:本当にそうでした。学部よりも自由時間が増えることがわかっていたので、より自分を律さなくてはいけないと覚悟して進学したんですが、その自由な時間をうまく使えなかったんです。 遊んでいたのではなく、時間をうまく使わなくてはという強迫観念から活動が空回りしていたようです。でも2年生になってからは、なんとか迷わずに活動できるようになりました。 制作が順調に進むようになって、改めてこの大学院の充実した設備のありがたみが実感できました。 大学院生の居室内に一通りの映像制作環境が揃っていましたが、その他に

shimizu
清水 誠一郎さん:
1984年生まれ。愛知県一宮興道高等学校出身。静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科を2009年に修了。 2009年から2012年まで、大手自動車会社のデザイン部門に勤務。 修了制作として作ったアニメーション作品「中学星」が高く評価され、数多くのコンペを受賞。

MEET THE
CREATIVES 3

sugiyama
杉山 華子さん:
1990年生まれ。静岡県立静岡高等学校出身。現在、静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科で建築を学ぶ2年生。2015年4月から、大手建築設備メーカーに就職が予定されている。

学部時代からのあこがれだった大学院

寒竹: 本学の大学院を志した理由を話してください。
杉山: 学部の2年生のころから、寒竹ゼミの大学院生の設計作業のお手伝いをさせてもらいました。主に模型作りを行ったのですが、そのときに大学院生の活動を身近で感じたことが、進学のきっかけになっています。
寒竹: 君が学部2年生のときに手伝ってくれたのは、富士山静岡空港及び空港周辺地区計画の提案作成作業でしたね。僕は、学部生が大学院生の仕事を手伝うことを奨励しているので、君のようなやる気のある学生が時々参加してくれるんだよね。
杉山: あの時は、声をかけていただき、ありがとうございました。お手伝いしながら、自分も大学院に行って、彼らのように実践的な能力を身に着けたいと強く感じました。

リアルな住宅設計で鍛えられる

寒竹: そして君は、大学院に進学して

すぐに、実際の住宅の設計を手がけることになりましたね。
杉山: 大学院の1年生のときに、寒竹先生のご紹介で、地元の不動産会社の建売住宅の設計を、ゼミ生が一人一軒ずつ担当させていただきました。
寒竹: 僕のゼミでは、この住宅設計の作業を通して、住宅の設計方法、図面の引き方からプレゼンまで、大学院1年生のうちに実践的に身につけられるように鍛えています。1年目は結構大変だったでしょう?
杉山: そうですね。自分の設計内容を、不動産会社の担当者の方にプレゼンする機会がほぼ毎週ありました。毎回のダメ出しを受けてくじけそうになったこともあります。
寒竹: 僕は指導していたのでよく分かったけど、その経験を通じて、君のプレゼン能力や、大人の人とやりとりする能力は格段に向上したと思います。
杉山: 自分もそれは感じました。相手に納得してもらうためには、自分が心から納得できる設計を作らなければだめだということに気づき、設計を何度もやり

ebata
寒竹伸一 教授:
専門領域は建築設計、都市デザイン、ランドスケープデザイン。一級建築士。丹下健三歳建築設計研究所等を経て独立。独立後は、建築設計・監理から都市計画・地域計画・ランドスケープ等、広範囲のデザイン活動を展開し、これまでに80を超えるプロジェクトを完成させている。

GET
IN TOUCH

JR浜松駅より徒歩15分。

access2

●各駅より浜松まで東海道新幹線「ひかり」号利用。
東京から90分、品川から83分、静岡から21分、名古屋から32分、新大阪から85分。

access3

●富士山静岡空港まで、那覇空港から約150分、新千歳空港から約110分、鹿児島空港から約95分、福岡空港・熊本空港から約90分。


動作環境について

可能な限り最新のOSとブラウザで閲覧してください。

Macintosh OS X 10.9.2 の場合
Firefox : 26.0 以上
Safari : 7.0.3 以上
Google Chrome : 35.0.1916.153 以上

Windows7 の場合
Firefox : 26.0 以上
IE : 10 以上
Google Chrome : 35.0.1916.153 以上


access1

●遠州鉄道「遠州病院駅」下車、徒歩8分。

●遠鉄バス 浜松駅北口バスターミナル10番のりば
●浜松市循環まちバス く・る・る
浜松駅北口バスターミナル12番のりば 「まちなか東ループ」

住所:〒430-8533静岡県浜松市中区中央2−1−1

●電話・FAXでのお問い合わせ:
TEL:053-457-6111 FAX:053-457-6123

メールでのお問い合わせや詳細は本学公式サイトにてご覧下さい。